賢い太陽光発電の選び方

賢く選んで上手に使いましょう!

板橋区での太陽光発電設備にあたって

東日本大震災以降電力不足が深刻な社会問題となり、
企業や家庭での積極的な節電努力が期待されています。
一方で、節電というのは以前から言われてきたことでもあります。
それはこれまでの原子力や火力発電メインの発電方式では
特に火力発電の場合は温室効果ガスを排出してしまいますので、
地球温暖化対策の一つとしてそういったガスを出さない発電法の検討として、
自然エネルギーを用いた発電(太陽光発電・地熱発電・風力発電)が注目されてきました。
特に太陽光発電は風力や地熱発電と比べて装置が比較的小規模なことから特にその利用が期待されています。
というのも、太陽光発電は基本的にはソーラーパネルを設置することがメインとなりますが、
これは住宅の家庭や企業の屋根など、今単に屋根として使っている部分に設置するだけでよいので、太陽光発電を設置可能な『場所』が狭い日本においても無数にあるという点にあります。
そのため人口が非常に密集しており大きな空いた土地がほとんどないような首都である東京都においても太陽光発電の設置が可能で東京都も積極的に装置の設置を推進しているのです。
東京都の板橋区でも独自に環境に配慮した区の運営を行っており、
現在住宅用の太陽光発電システムと太陽熱温水器の新規設置と住宅用燃料電池システムの導入に関して区が費用の一部を助成してくれます。
また太陽光発電に関しては国や東京都からも助成金を受け取ることができます。
太陽光発電は設置から約十数年で、
初期費用が回収できそれ以降は電力の売買による収益が入ってくると言われているのです。
現在は1kwあたり42円で電力を電力会社が買い取ってくれる制度になっていますので、
太陽光発電で節電するということは自分自身の利益になるという画期的なシステムでもあります。
板橋区ではおそらく今後もこのような補助金制度がしばらく継続されると考えらますが、
補助金が支給されるうちに導入しておいたほうが初期費用の回収も早くお得だと考えられます。