賢い太陽光発電の選び方

賢く選んで上手に使いましょう!

東京で太陽光発電をしようと思ったらさまざまな困難を解決しなければならない

太陽光発電と言うと各個人の住宅に設置する小規模なものと、メガソーラーのように大規模な発電所のようなものの二種類があります。
このうちメガソーラーを作るためには日当たりの良い広い敷地が不可欠ですが、それを東京で確保することの困難さは誰だってわかるのではないでしょうか。
したがって都市部における大規模な太陽光発電を考えるなら
まったく新しいやり方を開発する必要があるでしょう。
たとえば鏡を使って光を集めてソーラーパネルの発電効率をアップさせるとか、ビルの壁面にソーラーパネルを設置するなど、従来のメガソーラーとはまったく異なる発想がなければ都市部における発電は考えられないと言うのが実情です。
それでは具体的にどんな方法があるのかということですが、現実的なのは小規模なソーラーパネルを町中いたるところに配置して、街全体で発電すると言うやり方でしょう。
広い敷地が望めない以上細かくソーラーパネルを設置するというのが唯一のやりかただし、それによって全体の発電量を上げていくしかありません。
このやり方だと管理に手間がかかるという難点がありますが、
こればかりは都市部の発電方法のもつ宿命ともいえるのだからある程度は受け入れざるを得ないでしょう。
もっともやり方しだいではそういった手間を減らすことは出来るはずだし、またソーラーパネル自体を一種の建材として活用できるようにすれば意外とすばやい普及もありうるのではないでしょうか。
いずれにしろ東京で太陽光発電を活用するならさまざまな困難を解決する必要があるでしょう。