賢い太陽光発電の選び方

賢く選んで上手に使いましょう!

板橋区による住宅用の太陽光発電導入に関する助成制度

全国の各市区町村は助成金制度を設け、地球温暖化対策のための省エネ機器の導入の普及を推進しています。
板橋区でも同様に、温室効果ガスの削減効果が高いとされる省エネ機器の設置をサポートするための助成金制度を設けています。
null対象となっているのは、住宅用太陽光発電システム、住宅用太陽熱温水器、エネファームです。
それぞれの省エネ機器で助成してくれる金額は異なります。
太陽光発電システムの場合は、出力1キロワットあたりにつき25,000円を助成金として設置費用の一部を補助してくれます。
助成金の最大金額は100,000円となってますので、4キロワットまで補助されます。
住宅用太陽熱温水器の場合は上限を45,000円として設置にかかった経費の5%、エネファームの場合は上限を50,000円として同じく設置経費の5%を補助してくれます。
3つの省エネ機器の助成金を比べてみると、太陽光発電システムが最も助成金額が多いことが分かります。
省エネ効果も高いため、市としても太陽光発電システムの普及に力を入れているということです。
板橋区では申請期間を設けて受付をしていますが、予算枠を超えると申し込み可能な期間中
であっても申請受付が終了となってしまいます。
申請は担当窓口である板橋区の環境課に申請書類が届いた日をもって先着順としています。
申し込みが遅くなると申請しても助成金が出ない恐れがあります。
板橋区が設けている助成金制度と東京都が実施している補助金制度を併用することも可能です。
両方の制度を利用することで、太陽光発電の導入・設置にかかる費用をかなり節約できます。
申請期間に余裕があると考えず、予算に上限があるので早めに設置しておいた方がいいと考えておきましょう。
板橋区のホームページを見ると助成金制度について詳しく分かります。
申請期間、申請の方法などをチェックし、もれなく助成金を受け取れるように事前に調べておきたいですね。